フコイダンで健康維持

フコイダンとはもずくやワカメ、コンブなど海藻類に含まれる多糖類の総称です。
海藻特有の表面のヌルヌルしている成分がフコイダンです。
海藻は海の中で海流やさまざまな生物によって表面に傷ができます。
そのときにこのヌルヌルが傷を修復し、菌などが入らないように海藻を守っているのです。

フコイダンは1913年にスウェーデンの学者によって発見され、以降研究が進められてきました。
そして私たちの健康に関わるさまざまな効果があることがわかってきました。
そこでフコイダンの主な効能についてご紹介します。

■抗コレステロール作用
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの原因にもなるコレステロール。
気にされている方も多いのではないでしょうか。
フコイダンはこのコレステロールの増加を抑制する効果があるのです。
フコイダンは水溶性食物繊維の一種です。
食物繊維は腸の中でコレステロールや中性脂肪のもととなる脂肪を吸着し、体外へと排出させる働きをもっています。
また腸内細菌を増やす効果もあります。
そのため腸内細菌が作り出す有機酸が多く肝臓へと運ばれて、コレステロールと中性脂肪の生成が抑えられるのです。

■免疫力を高める
人間はもともと細菌やウイルスから身体を守るために免疫力を備えています。
しかし、加齢や生活習慣により免疫力が低下し病気にかかりやすくなります。
免疫力に重要なのがナチュラルキラー細胞の存在です。
ナチュラルキラー細胞はリンパ球に含まれる免疫細胞のひとつです。
がん細胞やウイルスに感染した細胞を発見し、対抗します。
フコイダンにはこのナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあるのです。

■アレルギー症状の抑制
体外からの異物に対して、免疫が過剰に反応してしまう場合があります。
この状態がアレルギー症状です。
原因は、異物に対する抗体が大量に生産され、免疫が活性化しすぎてしまうためです。
フコイダンにはこの抗体が過剰に生産されるのを抑え、崩れた免疫システムを整える働きがあります。
そのため花粉症や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などにも効果が期待できるといわれています。

■フコイダンを摂取するには
フコイダンの1日の目安の摂取量は200~300mgです。
もずくで摂ろうとすると200~300g、乾燥ワカメですと乾燥した状態で10~15gになります。
この量を毎日食べるのはちょっと大変かもしれません。
そこで毎日きちんと摂取するためにはサプリメントを利用するのがおすすめです。
サプリメントには液体や粉末などいろいろな形状のものがありますし、含まれているフコイダンの種類や効能も異なります。
自分に合ったものを選んで、健康を維持していきたいですね。

温かく身体が一番柔軟になるので、ケガになりにくく安心です。 ヨガはリラックス効果が抜群なのでストレス解消におすすめ! 初めての方は気軽に体験できるトライアルコースにお申込みください! ゆっくりした動きで激しい運動が苦手な人にもヨガはおすすめ。 レッスン後はフェイスマスクでパックするなどケアすれば美肌効果もアップ! ホットヨガの体験60分キャンペーン中